日記・一般-ニッセイ ギアモータ F3S35N60-WD08TNNEV2 防水(屋外) 0.75kW 三相200V 防水ブレーキ付 同心中空軸 rrut1961539-安い商品

【実機レビュー】旧東ドイツ時代のダイバーズウオッチを再現した1969年のオリジナルを忠実に復刻した69個限定のSeaQ 1969とレギュラーモデルのSeaQがある
電話予約 WEB予約

日記・一般-ニッセイ ギアモータ F3S35N60-WD08TNNEV2 防水(屋外) 0.75kW 三相200V 防水ブレーキ付 同心中空軸 rrut1961539-安い商品

製造元:ニッセイ
型式:F3S35N60-WD08TNNEV2
11,000円(税込)以上ご購入で送料無料!(沖縄・離島を除く)
※商品画像は参考画像です。実際とは多少異なる場合がございます。
※取付け方法・軸配置等は画像だけでのご判断ではなく、ご注文前に再度ご確認のほどお願いいたします。(詳細がご不明なときはご遠慮なさらずお問い合わせください。)



ニッセイ ギアモータ NEXT GTR

NEXT GTRとは
ニッセイ GTR MID SERIES 0.1kW〜2.2kWが「次世代スマートファクトリー」を見据えて新に生まれ変わった製品です。

従来品との互換について
・取付寸法は従来品から変更はございません。
(※容量0.1kW・0.2kWのブレーキ付防水モータのモータ部長さ寸法及び、容量0.4kWの防水モータのモータ中心からボックス高さ寸法のみ、リニューアル前より大きくなっております。スペースをご確認いただき、問題なければそのまま置換が可能となります。)

NEXT GTRの特徴
① モータ性能強化
・モータ耐熱クラスをB種(130℃)からF種(155℃)に強化しました。

・MID SERIESでは容量0.1kWのみがファンレス構造でしたが、今回新たに容量0.2kWをファンレス化し、低騒音・コンパクト化を実現しました。
(※ブレーキ付は全閉外扇構造となります。)

② ターミナルボックス改善
・モータ種類や容量で異なっていた仕様を統一しました。

・取り付け端子を十字ネジから六角ナットに変更、配線用の工具はソケットドライバーをお使いください。

・ボックスの穴向きを自由に変更することができます。
(※端子台や端子台を取り付けているベース部分は取り外しができません。)

③ モータブレーキ改善
・従来品に対し、モータブレーキ消費電力を最大40%低減しました。さらに、初期段階から安定したブレーキトルクが発生できるようになり、使い勝手が向上しました。

・モータブレーキ部をユニット化しました。交換メンテナンス発生時はユニットでの交換により作業が簡略化されます。

F3シリーズ 型式詳細

ギアヘッド型式 モータ型式 ブレーキ仕様 オプション
シリーズ取付枠番軸配置減速比モータ
区分
モータ
仕様
容量相数電源
電圧
規格ターミナル
ボックス
ブレーキ 補助
記号
仕様記号
F3F32R100MM04TWNT B4 XAA

①シリーズ名F3 : F3シリーズ(同心中空軸・同心中実軸)
②取付・タイプ区分S : 同心中空軸
F : 同心中実軸
③枠番及び出力軸径出力軸(中空軸タイプは内径・中実軸タイプは外径)
④軸材質/軸配置軸材質 : S43C
N : 中空軸
L : 中実軸 入力側から見て出力軸が左
R : 中実軸 入力側から見て出力軸が右
T : 中実軸 入力側から見て出力軸が両方
軸材質 : SUS420J2
S : 中空軸
⑤減速比5 : 1/5,12X : 1/1200
⑥モータ区分M : インダクション標準モータ(IP44)
W : インダクション防水モータ(IP65)
⑦モータ仕様M : IE1効率 F種標準モータ
D : IE3効率 F種標準モータ
⑧モータ容量01 : 三相 0.1kW
02 : 三相 0.2kW
04 : 三相 0.4kW
08 : 三相 0.75kW
15 : 三相 1.5kW
22 : 三相 2.2kW
⑨相数T : 三相
⑩電源電圧N : 200V/50Hz,200V/60Hz,220V/60Hz
W : 380V/50Hz,400V/50Hz,400V/60Hz,440V/60Hz
⑪規格N : CE・UL・CCC
J : 規格なし(400V級ターミナルボックスなし)
⑫ターミナルボックスT : T型ターミナルボックス(鋼板)
E : E型ターミナルボックス(アルミ)
N : ターミナルボックスなし(リード線バラ出し)
⑬ブレーキ仕様N : ブレーキなし
B2 : 200Vブレーキ
B4 : 400Vブレーキ
J2 : ブレーキ手動開放装置付(オプション)200Vブレーキ
J4 : ブレーキ手動開放装置付(オプション)400Vブレーキ
V2 : 防水200Vブレーキ
V4 : 防水400Vブレーキ
⑭補助記号空欄 : 標準仕様
X : 特殊仕様追加認識記号
⑮仕様記号お問い合わせください

F3シリーズ F3Sタイプ 三相 0.75kW 性能表
容量 電圧(V) 周波数(Hz) 定格電流(A) 定格回転速度
(r/min)
耐熱
クラス
保護冷却方式
0.75kW 200/200/220 50/60/60 3.2/3.0/2.9 1440/1720/1740 F(155℃) 全閉外扇
380/400/400/440 50/50/60/60 1.65/1.6/1.5/1.4 1430/1440/1730/1740

F3S35N60-WD08TNNEV2 ニッセイ

ニッセイ ギアモータ 同心中空軸 F3S35N60-WD08TNNEV2 防水(屋外) 0.75kW 三相200V 防水ブレーキ付
いかにも現代のモデルという雰囲気が興味を引かれる JUGEMテーマ:日記・一般
東京で「とんテキ」って言ったら、

上野「たいまる」のとんテキ

ってえのが常識というか、相場だった。

ところが、近頃は渋谷の駅前にある「東京トンテキ」って店が幅を利かせている。

しかも、この「東京トンテキ」は三重県は四日市の郷土料理というからワケがわからない。

いったい、「たいまる」の立場はどうなる?と鼻息を荒くして、上野のれん会発行の

「うえの」2002年11月号

で確認してみると、

「たいまる」の「とんテキ」は「トンテキ」じゃなくて「とんテキ」

ってことが判明。

「とんテキ」は商標登録されていたはずだから、おかしいなあと思ったら、そうゆうことだったわけだ。

ああ、ややこしい、、、
 

つーわけで、渋谷駅東口駅前首都高脇の雑居ビル2階にある「東京トンテキ」に突撃。

1階の大阪串揚げ「でんがな」に激しく心奪われながらも2階に向かうと、階段のヘタウマ風の壁画(?)に早くも胃がビールを要求。

東京トンテキ2

入口で中を覗くと、土曜の九時という時間帯のため店内はほぼ満員の盛況だったが、運良く待たずに店内に。

早速、メニューを見ると、看板メニューの「トンテキ定食」以外にも美味しそうなメニューが豊富だったので、ビール(500円)とつまみに「塩辛ポテト(600円)」と「味噌漬け豚バラの鉄板焼き(950円)」を注文。

「塩辛ポテト」は塩っ辛いポテトではなく、ジャガイモ丸一個の鉄板焼きにイカの塩辛をトッピングさせるという、豪快な一品でビールのつまみに良く合い、「味噌漬け豚バラの鉄板焼き」も味噌の風味が利いた一品だった。

ただ、後から思えば、このへんでやめときゃよかったのだが、噂の「トンテキ」食べずにして帰るのは如何なものかとの内なる叫びに心動かされて、「トンテキ定食(並の200g1000円)」と「キノコとおろしポン酢のさっぱりコマトン(800円)」を注文(因みに連れと二人で行った)。

で、出て来たのが下の写真で、テレビで事前にどういうものかわかってはいたが、実際に実物と対面すると、相当なボリュームに圧倒される。

東京トンテキ3

肉は国産の上州の豚肉をラードでじっくりと熱を加えて柔らかく仕上げたものを仕込んでおいて、注文がきてから新たに鉄板で焼いてデミグラスソースで味付けされてくるのだが、その肉の厚さときたら1,5cmはあろうかという嬉しい分厚さ。


圧倒的なボリュームと濃厚なソースに


二人でビールとつまみをプラスしても


という安さに感激して帰途に(ただし、腹はパンパンでえらい目に、、、)。

しかし、ちょっと難を言えばソースの甘みがちょっと強かったかな?ということと、冷蔵庫の脇の席はちょっと寒いということ。

醤油ベースのしょっぱめのソースも別にあって、選べるようだといいかなと思う。
10周年を迎えた“エンジェルクローバー”から
ベゼルよりも若干出たボックスタイプでレトロな雰囲気がより強調されている 婉曲風防なので文字盤が拡大されているように見え

 この記事へのコメントを見る・書く

管理者の承認待ちコメントです。
| - | |