- 【送料無料】Panasonic デュアル 充電クリーナー 本体のみ 黒 EZ37A3-B 1台【北海道・沖縄送料別途】 ehgs1932169-DIY製品

【実機レビュー】旧東ドイツ時代のダイバーズウオッチを再現した1969年のオリジナルを忠実に復刻した69個限定のSeaQ 1969とレギュラーモデルのSeaQがある
電話予約 WEB予約

- 【送料無料】Panasonic デュアル 充電クリーナー 本体のみ 黒 EZ37A3-B 1台【北海道・沖縄送料別途】 ehgs1932169-DIY製品

【特長】●本体は14.4V、18V両方使えるデュアルタイプ、手も周囲も汚しにくいクリーンカプセル方式ダストボックスを採用しています。【用途】●建築現場、オフィス、ご家庭の清掃用に。【仕様】●集じん容量(L):0.65●最大真空圧(kPa):-●最大風量([[M3]]/min):-●騒音値(dB):-●幅(mm):124●奥行(mm):452●高さ(mm):160●色:黒●吸込仕事率(W):45/標準12(18V使用時)、 強27/標準12(14.4V使用時)●連続使用時間:【18V5.0Ah電池使用時】強:約30分 標準:約100分【仕様2】●電源:リチウムイオン電池(DC14.4V/18V)【セット内容/付属品】●本体のみ●フロアノズル、すきまノズル【原産国(名称)】日本【質量】1.700【質量単位】KG【JANコード】4549980035177【メーカー名】パナソニック(株)



【特長】
●本体は14.4V、18V両方使えるデュアルタイプ、手も周囲も汚しにくいクリーンカプセル方式ダストボックスを採用しています。
【用途】
●建築現場、オフィス、ご家庭の清掃用に。
【仕様】
●集じん容量(L):0.65●最大真空圧(kPa):-●最大風量([[M3]]/min):-●騒音値(dB):-●幅(mm):124●奥行(mm):452●高さ(mm):160●色:黒●吸込仕事率(W):45/標準12(18V使用時)、 強27/標準12(14.4V使用時)●連続使用時間:【18V5.0Ah電池使用時】強:約30分 標準:約100分
【仕様2】
●電源:リチウムイオン電池(DC14.4V/18V)
【セット内容/付属品】
●本体のみ●フロアノズル、すきまノズル
【原産国(名称)】
日本
【質量】
1.700
【質量単位】
KG
【JANコード】
4549980035177
【メーカー名】
パナソニック(株)
【関連キーワード:ものづくりのがんばり屋ヤフーショッピング店 清掃・衛生用品 清掃機器 掃除機 掃除機(乾式) Panasonic Corporation Eco Solutions Company Panasonic Dual charge cleaner  Cleaning/Janitorials Cleaning Equipment Cleaners】

【送料無料】Panasonic デュアル 充電クリーナー 本体のみ 黒 EZ37A3-B 1台【北海道・沖縄送料別途】
いかにも現代のモデルという雰囲気が興味を引かれる JUGEMテーマ:日記・一般
東京で「とんテキ」って言ったら、

上野「たいまる」のとんテキ

ってえのが常識というか、相場だった。

ところが、近頃は渋谷の駅前にある「東京トンテキ」って店が幅を利かせている。

しかも、この「東京トンテキ」は三重県は四日市の郷土料理というからワケがわからない。

いったい、「たいまる」の立場はどうなる?と鼻息を荒くして、上野のれん会発行の

「うえの」2002年11月号

で確認してみると、

「たいまる」の「とんテキ」は「トンテキ」じゃなくて「とんテキ」

ってことが判明。

「とんテキ」は商標登録されていたはずだから、おかしいなあと思ったら、そうゆうことだったわけだ。

ああ、ややこしい、、、
 

つーわけで、渋谷駅東口駅前首都高脇の雑居ビル2階にある「東京トンテキ」に突撃。

1階の大阪串揚げ「でんがな」に激しく心奪われながらも2階に向かうと、階段のヘタウマ風の壁画(?)に早くも胃がビールを要求。

東京トンテキ2

入口で中を覗くと、土曜の九時という時間帯のため店内はほぼ満員の盛況だったが、運良く待たずに店内に。

早速、メニューを見ると、看板メニューの「トンテキ定食」以外にも美味しそうなメニューが豊富だったので、ビール(500円)とつまみに「塩辛ポテト(600円)」と「味噌漬け豚バラの鉄板焼き(950円)」を注文。

「塩辛ポテト」は塩っ辛いポテトではなく、ジャガイモ丸一個の鉄板焼きにイカの塩辛をトッピングさせるという、豪快な一品でビールのつまみに良く合い、「味噌漬け豚バラの鉄板焼き」も味噌の風味が利いた一品だった。

ただ、後から思えば、このへんでやめときゃよかったのだが、噂の「トンテキ」食べずにして帰るのは如何なものかとの内なる叫びに心動かされて、「トンテキ定食(並の200g1000円)」と「キノコとおろしポン酢のさっぱりコマトン(800円)」を注文(因みに連れと二人で行った)。

で、出て来たのが下の写真で、テレビで事前にどういうものかわかってはいたが、実際に実物と対面すると、相当なボリュームに圧倒される。

東京トンテキ3

肉は国産の上州の豚肉をラードでじっくりと熱を加えて柔らかく仕上げたものを仕込んでおいて、注文がきてから新たに鉄板で焼いてデミグラスソースで味付けされてくるのだが、その肉の厚さときたら1,5cmはあろうかという嬉しい分厚さ。


圧倒的なボリュームと濃厚なソースに


二人でビールとつまみをプラスしても


という安さに感激して帰途に(ただし、腹はパンパンでえらい目に、、、)。

しかし、ちょっと難を言えばソースの甘みがちょっと強かったかな?ということと、冷蔵庫の脇の席はちょっと寒いということ。

醤油ベースのしょっぱめのソースも別にあって、選べるようだといいかなと思う。
10周年を迎えた“エンジェルクローバー”から
ベゼルよりも若干出たボックスタイプでレトロな雰囲気がより強調されている 婉曲風防なので文字盤が拡大されているように見え

 この記事へのコメントを見る・書く

管理者の承認待ちコメントです。
| - | |